アメリカの賃貸物件事情について

高齢者は賃貸物件を借りるのが大変です。ですから、そのために高齢者居住法というものが作られたのです。

アメリカの賃貸物件事情について

高齢者の賃貸物件について

高齢者の住居の問題、というのはかなり大変なことです。持ち家ならばともかくすべての人がすむところを自分で持っているわけではないのです。ですから、その場合は賃貸で借りる、ということになりますが、なかなか貸してくれないことが多いのです。老人ですから、あまり貸したくない、という借り手の気持ちもわかります。しかし、そうしたことに対処した法律が出来たのです。それが高齢者居住法です。これによって発生する借家権があれば、借り続けることができるようになります。これは都道府県知事の認可を受けたバリアフリー賃貸住宅が対象であり、60歳以上の人が借り主となっている場合は、死亡まで住み続けられるというものです。同居人がいる場合は、借り主が死亡してもその契約は継続することができます。

こうすることによって、高齢者でも終の棲家を確保することができるようになります。最近では介護施設に入ることが増えていますが、すべての人がそうしたことができるわけではありませんから、とにかく住まいを確保させる為の法律なり制度なりシステムを作ることは良いことであるといえますし、高齢者は活用するべきであるといえます。そのために制度があるのです。

Copyright (C)2015アメリカの賃貸物件事情について.All rights reserved.